会社情報

ご挨拶

代表取締役社長 中上隆臣

関東航空計器は、1952年に航空計器の修理メーカーとして藤沢の地に産声を上げ、2012年12月に創立60周年を迎えました。その間、ジャイロ機器の製造を始めとし、フライト・データ・レコーダー、タカン航法装置、テレメーター装置、自動操縦装置、ジンバル装置、電子機器、試験・計測装置と製品を拡げて参りました。主力の防衛分野に加えて、民間分野においてもより良い製品をご提供すべく日々努力しております。

  • 1.「品質が第一」 確かなもの作りのために、受注、設計・開発、材料部品の調達、生産管理、生産、検査、お客様への納入という一連の流れ全てにおいて、品質を意識し、日々の業務に取り組んでいきます。
  • 2.「誠実さが第一」 顧客に対して、真心を持って、誠実に接し、顧客第一主義に徹します。もの作りに対しても、真心を持って、誠実に取り組むことにより、確かなもの作りを目指します。
  • 3.「挑戦が第一」 既存製品に加えて、新規開発に積極的に取り組み挑戦していくこと。また、既存分野に加えて、新しい分野の開拓に積極的に挑戦していきます。

「品質が第一」、「誠実さが第一」、「挑戦が第一」の3つの第一を実行し、<顧客に愛される関東航空計器>を目指してまいります。

今後とも一層のご支援とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 中上 隆臣

ページの先頭へ戻る